〜long as grass grows,water runs

naritabrian.com


Archive for the ‘薬’


ストラテラ→インチュニブへの移行 0

Posted on 4月 28, 2018 by なわでいず

5歳時にアスペルガー・ADHDと診断され、打診から悩み続け就学直前から投薬を開始した息子が今春から中学2年生となった。

SM社会性検査(?)とやら、判定員からしてアテにできない検査ながらマイナス7歳の判定だけは周囲の納得を得られるものであった。

反抗挑戦性障害という、反抗期にスピリタスを飲ませてデカい花火上がったみたいな二次障害の診断がおりたのが昨夏のことである。

そのときから処方薬のうちストラテラが新薬のインチュニブに変わった。体重が47kg程度で現在3mg/d。

Read the rest of this entry →

あけましておめでとうございます 0

Posted on 1月 01, 2013 by なわでいず
いくら札幌でもひどく寒い年の瀬だった

いくら札幌でもひどく寒い年の瀬だった

あけましておめでとうございます。

2013年、新年をこれほどまですがるような思いで迎えたのは、はじめてかもしれない。2012年はきっついヤマ場が大きすぎた。2度ほどエントリを断念した書きかけのものがあるので、また近々。

夏から悩まされてきた上階の入居者一家からの騒音に親子ともにすっかり生活が狂わされていた。しかしながら受忍限度論的に言うと集合住宅での生活において受忍すべき音の筆頭であろう「未就学児の足音」が問題であることから、建設的なアドバイスをしてくれる弁護士は4人に相談してひとりもいなかった。そこから派生して「ウソでも誠意ある態度でないどころか恫喝する父母」への不信感から、物音に対する恐怖心を抱くようになってしまい、いまはメジャートランキライザーやSSRIを血に流しながらも、5人めで出会った若いけれど平和的解決を目指そうと引き受けてくださった弁護士と、暮れまで奮闘していた。

たかが物音。なれど物音。外出したのが明らか(生活が見えるかのように音が響いてくるのですぐわかる)な大晦日になってようやくスイッチが入り、ドッタバタで足りないものを買いに出かけ、おそばを食べて、かんたんなおせちを用意して。

こんなんで2012年を終えてしまったので、2013年は本当に本当によい一年にしたいと思う。そして、何かと気を遣ってくださった方々、遊びに連れ出してくれた友人たち(不調のピーク時にはそれもお断りしなきゃいけなかったことがほんとに申し訳ない)、たくさんのプレゼントを贈ってくれた友人たち。みんなみんな感謝を、そして同じくよりよい一年を心より祈っています。

ありがとう、みんな。がんばった、息子。と弁護士さん。とわたし。

いいことばかりが続いて「えーもう2013年終わっちゃうなんてヤダー」と駄々をこねたくなるほどの素晴らしい一年を。

 

息子8歳、アスペルガー&ADHD歴3年4ヶ月(知能検査およびストラテラ経過) 0

Posted on 6月 05, 2012 by なわでいず

息子の自転車はルイガノJ16からこちらJ24に。筋力にアンバランスがあり強弱の加減が難しい発達障害の息子には、よい自転車で乗る喜びを教えてやれて大正解。すんなり補助輪が外れ、アクロバティックに乗っている。楽天でなら安く買えたんだよねー。

どうもこの数ヶ月で、アスペルガーおよびADHDと診断されている息子に関わるいわゆる「プロ」の方々の知識の乏しさに対して、やたらとかみつくようになっている。気づいてはいるものの、口から出る皮肉まじりの発言は抑えられず、その夜ひとりの時間に大反省する。

 

きのうは児童相談所へ知能検査を受けにいった。ここは5歳2ヶ月のときに知能検査を受け、札幌市内では名の知れた病院から招いた医師により「広汎性発達障害」と判定された場所で、来所前に他の小児心療内科で受診、検査を受けた際の報告などもすべてしており、その後の報告にも訪れているため、当時の資料は多く揃っている。

S-M社会能力検査は、わたしへのヒアリングテスト。「とうぜんたくさんの児童を見てきました」と言う相談員が、恐ろしく無知識を露呈するのだから、それでわかった顔をすんなという気持ちを抑えられなかった。たぶん初めてここを訪れたときの相談員がたいへん知識豊富な方で、息子の発達障害疑惑で摩耗していたわたしの支えとなり、かつたくさん学ばせてもらったからなおのことだろう。

能力検査前の聞き取り開口一番でわたしの頭からはケムリが立ち上っていたと思う。

「学校で困ったことはありますか?」

あのー…困っていなければ非定型発達児とは言われないし、ここには来ないんですよ。しかもヒマなわけでもあるまいし、親子で早退しているんですね。

 

Read the rest of this entry →

息子の経過|ストラテラ処方から5週間 0

Posted on 2月 23, 2011 by なわでいず

高機能自閉症・アスペルガー症候群・広汎性発達障害と診断されている6歳の息子が、「これが高機能自閉症ね」と診断した医師からストラテラを処方されて4週間が経過するところでこれを書きかけ、5週間目を迎えている。

※過去のエントリ

最初は2週間分の処方、朝夕各5mg、計10mg/日で スタート、副作用と思しき症状が一気に出た。頭痛、食欲減退、全身のかゆみ、顔色も心なしかよくなかった。体重は 800g減少。医師の判断で4日目からまる3日間分相当の6回を投薬休止、その後は毎日夜のみ5mg投薬して一週間。診察を経て再び10mg/日×2週間分の処方がなされて続けること2週間。

診察前日には「これはストラテラ中止だろう」と思った。ストラテラ処方時におおよそ24kgを前後していた体重は23.2kgほどまで減少、ストラテラを一日5mgに減量して23.6kg程度まで戻したが、その後10mg/日の服薬をはじめると23.3kg前後で推移して、とうとう22.9kgまで落ちていた。

しかし初めての処方から4週が経過した診察当日、ふたたび23.3kg。

う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。

Read the rest of this entry →

息子の経過|ストラテラ処方から3週間 1

Posted on 2月 11, 2011 by なわでいず

高機能自閉症・アスペルガー症候群・広汎性発達障害と診断されている6歳の息子が、「これが高機能自閉症ね」と診断した医師からストラテラを処方されて3週間が経過した。

※過去のエントリ

朝夕各5mg、計10mg/日でスタートしたものの、みるみるうちに食が細り、いつも多少の不調など吹き飛ばして楽しむ雪遊びでも気乗りせず、昼寝をしないのにぼんやり横たわり、体重は800g減少。医師の判断で4日目からまる3日間分相当の6回を投薬休止、その後は毎日夜のみ5mg投薬して一週間。経過は悪くなく、医師の診察をあおぎ、再び10mg/日の処方がなされた。

副作用であったのだろう症状のうち、食欲不振と体重減少には胃腸薬を、頭痛に対しては鎮痛剤を頓服で、あわせて処方された。しかしながら、また無駄に我慢強いというか、ボキャブラリーが貧困で海外旅行で身体の不調に見舞われて病院に行ったはいいが医者にうまく説明できない日本人状態というか、苦痛を訴えることのあまりない、というか足の爪2枚はがれても、瞬間泣いたきりのアホウだけに、前回のような頭痛を訴えたものなら、わたしの神経がもう続けられそうにない。

「頭痛が出たら鎮痛剤で抑えて、それからどうしたらいいでしょう」

ストラテラやめましょう。

カーショップでうっかり出会ってしまった。ドラマ「24 -Twenty-four-」のジャック・バウアーとクロエ・オブライエンがアシストしてくれるというGPSレーダー探知機。声優さんあてがわなくてええわ!キーファーの声が聴きたい!!どうしようママこれ欲しい欲しい欲しい欲しい

Read the rest of this entry →

  • 口数より多く

  • 【送料無料】kobo Touc...

    【送料無料】kobo Touc...
    価格:7,980円(税込、送料別)

  • calendar

    2019年4月
    « 4月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • archives

  • content

  • Shopping is Entertainment!









↑ Top