〜long as grass grows,water runs

naritabrian.com



息子語録〜競馬好き幼児の夢|6歳9ヶ月 0

Posted on 2月 12, 2011 by なわでいず
101012_阪神JF_パドック_レーヴディソール01

「えっ」レーヴディソール嬢(2010年12月撮影)

同級生のママの中には「まだ添い寝しないと…」という人も多くて、言いづらい。

我が息子は、促せばフツーにひとりでお布団に入っていく。いつからかはっきりわからないけれど、よちよち歩き以来、添い寝をした記憶が、あまりない。添い寝から起き上がって仕事をするのが苦痛だった記憶だけがぼんやりと残っている。

もっとも、リビングに隣接した寝室を開け放っているからでもあるかもしれない。すぐそこでわたしが片づけものをしたり、ダレダレとネットしたりしているから。と責任逃れしてみる。

あるとき、「おかあさんと何かをして遊ぶ夢を見ることが多い」と聞いて以来、「また明日ね」を「また夢で会おうね!」と替えて声をかけあってお別れしている。

最近、息子はどういう夢を見るのか気になって訊いてみた。

エステ・痩身・脱毛のエルセーヌ:脱毛200本体験

Read the rest of this entry →

ビワタケヒデ肥ゆる秋 0

Posted on 10月 13, 2010 by なわでいず
101009_池田町にて_Danzigなビワタケヒデ

101009_池田町にて_Danzigなビワタケヒデ

「ぼくはビワタケヒデですか」

(父Dangizですが『ビワタケヒデ』をご堪能ください)

2010年10月9日。3連休初日は、十勝・池田町へ出かけた。

やたら躍起になっていた。本来ならば土曜に出かけたいと思えど、金曜は帰宅するなり声も出ない。結局は土曜にゆっくり起きて買い出しや家事を済ませ、日曜に出るのが慣例。だから3連休じゃないと十勝にはちょっと行けない。

ビワタケヒデに話したいことがあった。日を増してすっごく顔を見たくなっていった。天気予報では日曜は雨が降りそう、他に見学者の予定があると知り、負けてられないと意味のわからない対抗心を燃やしたことにも起因するかもしれない。とにかくツル首状態で土曜に向かうことができた。

6時前にクルマを発進、執行猶予の身分なので(ナリタブライアンのお参りの帰り、反則金と減点の罰を受け‥‥)超安全運転、占冠から高速道路に乗る。十勝平原PAって、ステキな名称。休憩して、BGMをドリカムに変更する。池田町といえば、DCTの吉田美和ちゃんでしょう!今回は「monkey girl odyssey」を大熱唱。

Read the rest of this entry →

札幌2歳S、ナリタブライアンここにありき。 4

Posted on 10月 07, 2010 by なわでいず
101002_2札7札幌2歳S_オールアズワン_ウイナーズサークル02

101002_2札7札幌2歳S_オールアズワン_ウイナーズサークル02

このごろ楽しんでいるTwitterで前夜は狂ったようにうざいツイートを繰り返し、眠れない夜を過ごした。

『9年前、マイネヴィータの2着に泣いた忘れ物を、おじいちゃんとなったナリタブライアンが獲りに戻ります』

10年もお待たせしてしまいました。

ブルードメアサイヤーではございますが、黒鹿毛を引き継いだオールアズワンの重賞制覇によります、ナリタブライアンの重賞初制覇にあたりまして‥‥‥

どれだけふざけようと努めても嗚咽もれるから、もうやめとく。

ネオユニヴァースの牡駒、オールアズワン。

母馬のトウホープログレスは、大久保正陽厩舎で走った、ナリタブライアン産駒。

ウイナーズサークルに移動する人は、たぶんアドマイヤセプターが勝つよりも少ない。

むしろそれを幸いと、ゴール板前からウイナへ走り、最前列に陣取った。

ブライアンにまつわる何かが起こると、空を見上げる癖がある。それも幸いと、クセのようにわざと空を見上げて、こらえきれない水分を、秋風に乾かしてもらった。

Read the rest of this entry →

12年 1

Posted on 9月 30, 2010 by なわでいず
100927_旧CBスタッド_ナリタブライアンのお墓

100927_旧CBスタッド_ナリタブライアンのお墓

9月27日、新冠からの帰路。

降り始めた雨のなか、反則金の支払用紙を荷物に増やし呆然と走る道すがら、札幌に入るころの空は重たい雲をかき分け、美しい夕陽で一面を照らした。急降下の気持ちは、ふたたびナリタブライアンが授けたのであろう空の美しさに浮上した。

ほぼ競馬で埋めつくされたwebサイトを開設してから、場所を変えてもずっと、ナリタブライアンの命日にお参りしたときのことを記してきた。

はじめは深く考えることなく、あれから1年が過ぎたんだなぁと思い、1999年9月27日のお参り記のタイトルを「一年」にした。それを繰り返すこと、11度。

お約束どおりに寝坊して、急ぐ日高路。朝見た日高地方(浦河町)のお天気は雨だったけれど、雨具の準備は考えなかった。

ゆっくり走るサラブレッド銀座の放牧地には、離乳した当歳たちがぐんとたくましくなった姿を見せている。かわいいなぁ。うすくかすれた雲のかかる空は、新冠町に入るころにはモクモクの雲に変化していた。サラブレッドたちを美しく光り輝かせ、日焼け止めを忘れたわたしの両手を焦がすような日射し。

今年も、晴れたね。

Read the rest of this entry →

生と死を旋回する金魚 0

Posted on 9月 26, 2010 by なわでいず
1999年_CBスタッド_ナリタブライアン没後の放牧地

1999年_CBスタッド_ナリタブライアン没後の放牧地

昨日は暗くなってからケータイの電源を入れた。

静かに過ごしたかった。気の利いたことが言えるでもなく、文字は打てても口はあんまり饒舌でないし。だけど、そろそろ来るかな、あるいはかけようかなと思う人がいた。

案の定、お決まりの時刻に、その人から電話が入った。

東京の競馬仲間、否、ナリタブライアン教の信者とでもいおうか。そう、わたしたちナリタブライアンを今でも慕うファンは、もはや「ナリタブライアン教」の熱心な信者なんだとむしろ誇らしく思う。

Read the rest of this entry →

ビワタケヒデを本当に好きなのか考察した 1

Posted on 9月 25, 2010 by なわでいず
1999/09/27_CBスタッドにてビワタケヒデ4歳(新馬齢表記)

1999/09/27_CBスタッドにてビワタケヒデ4歳(新馬齢表記)

ここ数日、ずっと考えていた。

「わたしはビワタケヒデが本当にきちんと大好きだろうか?」

競馬仲間に聞かれたら「アホか!」と笑い飛ばすような愚問とストレートに思えるはずなのだけど、それでももう一度真剣に自問自答していた。

タケヒデに会ったのは、彼が屈腱炎を患い、種牡馬としてスタッドインしたCBスタッドが最初で、それは全兄・ナリタブライアンが死んで間もなくのことだった。

ナリタブライアンに魅せられて競馬の底なし沼に溺れていったわたし。ナリタブライアンの全弟は1995年生まれのビワタケヒデ・1997年生まれのビワタイテイの2頭がいる。3頭いたはずのパシフィカス×ブライアンズタイムの牡馬で存命しているのはタケヒデだけ。

さしもの愚鈍なわたしも、ブライアンズタイムとナリタブライアンの共通してもつ雰囲気には驚愕させられるほどだった。ナリタブライアンの死後、放牧地にたたずむブライアンズタイムを見て、心臓が止まるような思いをした。

ブライアンズタイムとビワタケヒデはそれほど似ているとは思わないけれど、ナリタブライアンとビワタケヒデはよく似ている。おデコの白、鼻にかかる白、やや細身で優美な肢体、繊細そうな、高貴な部分は酷似していた。
しばらくはタケヒデを見るとギクッとして、胸が痛み、上品な顔と向き合えばブライアンを投影して泣いてしまうことをやっぱり泣いて詫びていた。

どことなく贖罪を感じていた。

Read the rest of this entry →

池田町・ビワタケヒデのおうちにて 続編 1

Posted on 9月 11, 2010 by なわでいず
100813_ビワタケヒデ「草なんかにダマされないで!」

100813_ビワタケヒデ「草なんかにダマされないで!」

もう一ヶ月以上書きかけだった…頑張って写真リサイズしたです。日付ゴマかしてます。

お盆の8月13日、十勝池田町の牧場へ、ビワタケヒデの見学にお邪魔させていただいた。

先のエントリ(参照「十勝・池田町のビワタケヒデに会ってきた」)

十勝は広い平野で、土地の6割が山という札幌市民にとって、新鮮味のある美しさ。池田町のこの牧場はさらに小高い場所に立地していて、平野部と遠くに日高山脈を臨む。これがなんーともいえない牧歌的風景。

前夜の強い雨で、占冠の道路の一部が通行止めとなったものの、当日は高速道路も通常どおりの通行が可能で、わたしは無事にやっぱり道を間違えた。高速道路の一部無料化実験に伴い、見事に十勝方面が無料解放されているので、それに便乗したかったのだけど、当然一応は都心にあたる札幌近郊は該当せず。無料区間スタート地点の「千歳東」て、どこだ。わかるはずもなく、結局フツーに千歳から乗り、200円とか半端な出費をしてみた。

まだ暗い4時すぎにに家を出られたので気分は焦らず、休憩もこまめにとり、するとちょっと早すぎてお邪魔ではないかと思しき9時前に池田町へ着いてしまった。ひとまず池田ワイン城で、まだ青いぶどうの実を眺めて歩き、時間をつぶしてから、いざタケヒデのおうちへ。

Read the rest of this entry →

十勝・池田町のビワタケヒデに会ってきた 1

Posted on 8月 19, 2010 by なわでいず
2010/08/13/十勝・池田町のビワタケヒデ

2010/08/13/十勝・池田町のビワタケヒデ

Livedoorブログから飛んできた皆様、一週間も遅れてしまいまして、申し訳ありません。

本当に取り急ぎ、ビワタケヒデの近影を。

 

Read the rest of this entry →

  • 口数より多く

  • 【送料無料】kobo Touc...

    【送料無料】kobo Touc...
    価格:7,980円(税込、送料別)

  • calendar

    2019年10月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • archives

  • content

  • Shopping is Entertainment!









↑ Top