〜long as grass grows,water runs

naritabrian.com


Archive for the ‘北海道’


ナリタブライアンが昇って17年 0

Posted on 10月 07, 2015 by なわでいず

振り返ると何年もエントリしていないんだなあ…
ナリタブライアンの命日にはお参りを欠かしていない。

2015/09/27/新冠ナリタブライアン墓碑

2015/09/27/新冠ナリタブライアン墓碑

今年は前日の夜には静内に入り、翌朝は余裕をもって新冠へ向かった。
前夜22時をまわったあたりから、静内はぐんと冷え込み、冷たい雨が窓を打っていた。
天気予報は地域によっては一週間の長雨で、新冠も夜まで雨マークがなくならない。

9月27日は晴れの特異日だと言えそうなほど、毎年晴れてきた。
数年前に一度、降っている年があった。そのときもお昼ころには奇跡的に雨がやんで、墓前にファンが揃うときには青空がのぞいた。牧草地が雨露に光ってとてもきれいで。
どんな予報も覆して雨雲はなんらかの力で押しとどめられ、わたしたちの前で墓石は秋の陽光に光った。

 

 

Read the rest of this entry →

岩盤浴で極楽浄土ダイエットと記している間にも痩せる事案 0

Posted on 7月 01, 2014 by なわでいず

このブログのバックグラウンドには下書きが山ほどたまっている。先にそれをエントリしたいんだけど、シメてないものの多くがもはやオチをつけられない。
ということで最近のお気に入り。それが岩盤浴。

まだ2度しか行ったことはないけれども岩盤浴がこれほど気に入ったことと、体重を落とせたことが予想外で。

あのじわじわぽかぽかを自宅でちょっぴり味わうのもいいな

 

Read the rest of this entry →

二たび、美瑛・青い池へ 0

Posted on 1月 10, 2013 by なわでいず

去年のことになっちゃった…

121111_美瑛青い池夕景風(iPhone4S×Instagram)

121111_美瑛青い池夕景風(iPhone4S×Instagram)

2012年11月11日。お決まり事の寝坊をして、予定を大幅に変更しての美瑛・富良野日帰りドライブは、「青い池」だけでも行けたらの心持ちで出発。

7月の終わりにはまさにファイナルといった状態の見事なラベンダー畑に感動、そして初めての美瑛町・青い池に感嘆。気象条件により色が変化すると聞いたので、またぜひ来てみたいとずっと思っていた。なので今度は前回ラベンダー園だけで終えた富良野は、ドラマ「北の国から」めぐりをしてランチ、午後から向かって美瑛は丘と青い池を計画していたのだけれども、またの機会に。


Read the rest of this entry →

ナリタブライアンのお墓について 0

Posted on 10月 26, 2011 by なわでいず
110927_ナリタブライアンのお墓(優駿SS丘の上にて)

110927_ナリタブライアンのお墓(優駿SS丘の上にて)

前のエントリでは、メールなどでお問い合わせを複数受け取る反響があり、同志の存在が連絡をとっている人たちだけではないことを改めて実感できて、とてもうれしく感じていた。個別に返信できず申し訳ありません。そのエントリを読み返すと、主語の不足した見事な自己完結っぷりに、もう、なんていうか…すみません。かといってぱぱっとツイートできない気持ちです。

(※2011/10/27/2:41再編集・画像を掲載しました)

 

「ナリタブライアンのなきがらが火葬された」続報を、返答に代えさせてください。

ナリタブライアンの遺骨と墓石が安置されました。

 

Read the rest of this entry →

ブライアンはごめんね、ビッグロマンス 0

Posted on 12月 18, 2010 by なわでいず
101218_2010/05_グリーンヒルマック…と同じ放牧地の親仔w

101218_2010/05_グリーンヒルマック…と同じ放牧地の親仔w

川崎の全日本2歳優駿を、ビッグロマンスが勝った。

あぁなんたること、お祝いの電話すらまだしていない…

ビッグロマンスのかーちゃんには、ちょくちょく遊んでもらっている。「息子が生まれてめったに牧場見学は行けなくなったものの、お茶を飲みに寄る牧場」にいるのが、まさにビッグロマンスのかーちゃん・グリーンヒルマック。

だいたい和スイーツが手みやげ

Read the rest of this entry →

芦毛の女神 – エイシンバーリン 1

Posted on 11月 03, 2010 by なわでいず
101024_浦河にて_エイシンバーリン顔

101024_浦河にて_エイシンバーリン顔

今夏の札幌開催で好きになった馬が芦毛の牝馬だった

彼女・レーヴディソールのウサギみたいな顔立ちとレースぶりにときめいて、思い出す馬がいた。

芦毛はとくに好きな毛色ではないわたしに珍しく、これでもかと好きだった馬がいる。

エイシンバーリン。

不思議なご縁があるもので、彼女のすごい功績のひとつ、芝1200mで1分7秒台の壁を日本で初めて突き破った記録は、つい先日会ってきたアグネスワールドに破られている。だけど淀の芝1200mはまだレコードホルダーだもん。

10月24日、彼女に会いにいってきた。

引退して2年後だっただろうか、最後に会ったのは。すでに真っ白くなっていたバーリンは、栄進牧場を出て、同じ浦河町内の別の牧場に移動していた。

すでに離乳も終わり、バーリンは3頭で一枚の放牧地に放されていた。「遠いから」と、引き手をつけて、バーリンを目の前まで連れてきてくださった。なんという光栄!ヒザを曲げるくらい腰を低くしてしまった。

バーリンは近づくとそばかすみたいな褐色の斑点まじりで、神々しいほどにまっ白。そして、すっかりおっ母ちゃん体型。スタートはイマイチながらも純然たるスプリンターだった面影がちょっと見当たらないくらい。彼女を包む雰囲気はとてもやさしくて、穏やかな顔をしている。

靴底の重力からうっすら逃れて、バーリンが競馬場を駆けていたあのころ、20代のころに戻ったような錯覚をおぼえる。

Read the rest of this entry →

ビワタケヒデ肥ゆる秋 0

Posted on 10月 13, 2010 by なわでいず
101009_池田町にて_Danzigなビワタケヒデ

101009_池田町にて_Danzigなビワタケヒデ

「ぼくはビワタケヒデですか」

(父Dangizですが『ビワタケヒデ』をご堪能ください)

2010年10月9日。3連休初日は、十勝・池田町へ出かけた。

やたら躍起になっていた。本来ならば土曜に出かけたいと思えど、金曜は帰宅するなり声も出ない。結局は土曜にゆっくり起きて買い出しや家事を済ませ、日曜に出るのが慣例。だから3連休じゃないと十勝にはちょっと行けない。

ビワタケヒデに話したいことがあった。日を増してすっごく顔を見たくなっていった。天気予報では日曜は雨が降りそう、他に見学者の予定があると知り、負けてられないと意味のわからない対抗心を燃やしたことにも起因するかもしれない。とにかくツル首状態で土曜に向かうことができた。

6時前にクルマを発進、執行猶予の身分なので(ナリタブライアンのお参りの帰り、反則金と減点の罰を受け‥‥)超安全運転、占冠から高速道路に乗る。十勝平原PAって、ステキな名称。休憩して、BGMをドリカムに変更する。池田町といえば、DCTの吉田美和ちゃんでしょう!今回は「monkey girl odyssey」を大熱唱。

Read the rest of this entry →

コスモバルクお披露目 0

Posted on 10月 10, 2010 by なわでいず
100920_2札4_コスモバルクお披露目_04

100920_2札4_コスモバルクお披露目_04

わたしたち道産子(ドサンコ:北海道で生まれ育った者を指す)にとってのコスモバルクは、平成のハイセイコーだったのかもしれない。

ありがとう。大好きだよ、バルク。

楽天ランキング
総合1位

Read the rest of this entry →

  • 口数より多く

  • 【送料無料】kobo Touc...

    【送料無料】kobo Touc...
    価格:7,980円(税込、送料別)

  • calendar

    2019年10月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • archives

  • content

  • Shopping is Entertainment!









↑ Top