〜long as grass grows,water runs

naritabrian.com



芦毛の女神 – エイシンバーリン 1

Posted on 11月 03, 2010 by なわでいず
101024_浦河にて_エイシンバーリン顔

101024_浦河にて_エイシンバーリン顔

今夏の札幌開催で好きになった馬が芦毛の牝馬だった

彼女・レーヴディソールのウサギみたいな顔立ちとレースぶりにときめいて、思い出す馬がいた。

芦毛はとくに好きな毛色ではないわたしに珍しく、これでもかと好きだった馬がいる。

エイシンバーリン。

不思議なご縁があるもので、彼女のすごい功績のひとつ、芝1200mで1分7秒台の壁を日本で初めて突き破った記録は、つい先日会ってきたアグネスワールドに破られている。だけど淀の芝1200mはまだレコードホルダーだもん。

10月24日、彼女に会いにいってきた。

引退して2年後だっただろうか、最後に会ったのは。すでに真っ白くなっていたバーリンは、栄進牧場を出て、同じ浦河町内の別の牧場に移動していた。

すでに離乳も終わり、バーリンは3頭で一枚の放牧地に放されていた。「遠いから」と、引き手をつけて、バーリンを目の前まで連れてきてくださった。なんという光栄!ヒザを曲げるくらい腰を低くしてしまった。

バーリンは近づくとそばかすみたいな褐色の斑点まじりで、神々しいほどにまっ白。そして、すっかりおっ母ちゃん体型。スタートはイマイチながらも純然たるスプリンターだった面影がちょっと見当たらないくらい。彼女を包む雰囲気はとてもやさしくて、穏やかな顔をしている。

靴底の重力からうっすら逃れて、バーリンが競馬場を駆けていたあのころ、20代のころに戻ったような錯覚をおぼえる。

Read the rest of this entry →

2010年8月15日1札2 クイーンS 0

Posted on 9月 15, 2010 by なわでいず
100815_クイーンS_本馬場入場_アプリコットフィズ

100815_クイーンS_本馬場入場_アプリコットフィズ

異様な暑さと、過ごしやすさを通り越して突如冷え込んでいる今年の札幌開催。例年どおりスタートダッシュだけキメて、あとは息切れしている。

お盆は13日に十勝・池田町にビワタケヒデを訪ね、日帰りして翌日は札幌開催初日、翌15日も赴いた。だって重賞だもん!

オンナ好き(馬は)なアタクシとしては見逃せない牝馬重賞。

しかも、ディフェンディングチャンピオンも出走してくれる。それが南井厩舎であることの歓び‥‥‥!

Read the rest of this entry →

  • 口数より多く

  • 【送料無料】kobo Touc...

    【送料無料】kobo Touc...
    価格:7,980円(税込、送料別)

  • calendar

    2020年7月
    « 4月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • archives

  • content

  • Shopping is Entertainment!









↑ Top