〜long as grass grows,water runs

naritabrian.com



コスメランド復活にみる、ネットショップの体質 0

Posted on 11月 30, 2010 by なわでいず

エントリとかしてる場合じゃないんだけどさ…カタルシスだ、「語るシス」。

9月23日に続報を記していた、コスメランドの薬事法違反事件騒動後の、現在。

コスメランドのファンの皆様方におかれては、すでにお気づきのことかと思う。やたらイベントを打つんだ。24時間限定でポイント10倍、立て続けに5,250円以上で送料無料(ふだんは15000円以上)。

いずれのイベントも利用してしまった_| ̄|○iiii

お詫び的な意味合いでも含んでいるのかという推察は、たぶん大ハズレ。コスメランドは、風評被害(風評被害ってこともないか)を挽回すべく売上、そう、あくまで数字の復活のために、頑張っているのかと考え直してきた最近。

楽●の中の人いわく、「完全復活したね」

楽●の中の人が口にする「復活」もまた、あくまで数字を指すもの。数字といったって運営元の利益率云々なんぞ胴元はかまっちゃいないので、本当に単純に月商を、騒動以前と同レベルに持ち直したという意味合い。だって出店料の固定費だけじゃやってけない楽●は、売上中の決まったマージン徴収するんだもん。店が赤字だろうがなんだろうがパーセンテージはフィクスだ。

 

それにしたってなんだってすごいことだ。コスメランドの月商は億なのだから。

 

翌日発送&Diorカプチュールサンプルをおまけに入れてくださるという奇跡を起こした次の注文でも安物フレグランスのサンプルを入れてくださったコスメランド様。ウソでしょ。

日本のクラランスカウンタで見かけたことのない、通常の2倍、400ml入ローション。遠慮なく使えて減りが速いかと思ったらそうでもなかった。

Read the rest of this entry →

コスメランドの薬事法違反、その後。 1

Posted on 9月 23, 2010 by なわでいず

日本のクラランスカウンタで見かけたことのない、通常の2倍、400ml入ローション。来週開封の見込み

国内、外資系問わず、化粧品コスメ類を幅広く取り扱い、格安、ときに激安で販売、楽●市場店では楽●およびワタクシ(の顔とお財布)へ絶大な恩恵をもたらしているコスメランド。

年頭にスクロール(旧ムトウ)に買収されたものの、運営も、客から見る経営スタイルも変わらず続いてきた。
先ごろ、薬事法違反となる、輸入化粧品への日本語ラベル表記がなされていなかったことで自主回収を始め、今後の運営が懸念されていた(楽●の中の人と、コスメランドなしに顔が生きてゆけないワタシが)。

で、こんなエントリとかしている。

http://www.rakuten.ne.jp/gold/cosmeland/20100806.html

騒動後の初注文では、翌日発送&Diorカプチュールサンプルをおまけに入れてくださるという奇跡を起こしたコスメランド様

Read the rest of this entry →

コスメランド、海外ブランド化粧品自主回収のお知らせ、続報 1

Posted on 8月 17, 2010 by なわでいず

いやごめんなさい、「続報」っていうほどのこっちゃないんだけど。

我が(顔が)敬愛なる、キングオブ高級海外ブランド化粧品がデューティフリーより安いショップ・コスメランド。昨日は、いつものテキストメールマガジンに2行ほどの告知だった「商品自主回収のお知らせ」が、今日は帰宅するなり、下記リンク先と同じ内容のメールが届いた。

http://www.rakuten.ne.jp/gold/cosmeland/20100806.html

とてつもなくお世話になりつづけているコスメランド様

中身に問題はない、大日本帝国のお定めになられた薬事法上の問題が生じただけというのなら、別にどうってこたぁないやと言いつつ、はたしてどんなもんかと化粧台のストックをあさってみた。

あるわあるわ‥‥‥‥‥

Read the rest of this entry →

コスメランド買収 1

Posted on 3月 31, 2010 by なわでいず

また楽●がらみのニュース。

楽●コスメ美容部門でトップを独走し続け、全体でも2位3位に君臨してきたキングオブ楽●ショップ、コスメランド。それがスクロール(旧ムトウ)に買収、子会社化されたという。

個人的にとてもお世話になっている。年間トータルで見ると注文回数は2、3番手ながら、支払総額はダントツでトップ、ワタシがプラチナ会員でいられるのも、コスメランドあってのことだと思うくらい、化粧品はコスメランドで7割くらいは済ませてきた。

それだけに、現状は何も変化がないけれど、今後商品単価的にどうなっていくだろうという消費者視点での懸念と、おなじくECに携わる者として、経営がどうなっていくのだろうという興味で、このごろ目が離せずにいる。 Read the rest of this entry →

  • 口数より多く

  • 【送料無料】kobo Touc...

    【送料無料】kobo Touc...
    価格:7,980円(税込、送料別)

  • calendar

    2019年10月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • archives

  • content

  • Shopping is Entertainment!









↑ Top